2008年7月23日水曜日

[TIP] sun/awt/X11GraphicsEnvironment

この投稿へのリンク
java.lang.NoClassDefFoundError: sun/awt/X11GraphicsEnvironment
が発生した場合

解決方法 : JAVA_OPTIONに"-Djava.awt.headless=true"を追加


* WebLogicの管理サーバの場合、setDomainEnv.shに追加
* WebLogicの管理対象サーバの場合、startManagedWebLogic.shに追加
また、環境 -> サーバ -> サーバの起動 の 引数に入力する。

[TIP] WebLogic 9.2 CUI Install

この投稿へのリンク

[root@babukuma bin]# ./config.sh
GUI をインスタンス化できません。デフォルトをコンソール モードにします。





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

ようこそ:
-------------

ドメインを作成するか拡張するかを選択します。この選択に基づいて、 Configuration
Wizard は新規のドメインを生成、または既存のドメインを拡張します。

->1|新しい WebLogic ドメインの作成
| WebLogic ドメインをプロジェクト ディレクトリに作成します。

2|既存の WebLogic ドメインの拡張
| 既存の WebLogic ドメインを拡張します。 アプリケーションやサービスを
|追加する場合、または既存のデータベース アクセス (JDBC) やメッセージング
|(JMS) の設定をオーバーライドする場合は、このオプションを使用します。
|たとえば、AquaLogic Service Bus を含めることによって、ドメインに追加の
|機能を組み込むこともできます。





選択するインデックス番号を入力してください または [Exit][Next]> 1





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

ドメイン ソースの選択:
--------------------------------

ドメインの作成の元になるソースを選択します。ドメインは、 必要なコンポーネントを
選択するか、または既存のドメイン テンプレートのリストから選択して作成します。

->1|Weblogic Platform コンポーネントの選択
| ドメインでサポートする Weblogic コンポーネントを選択できます。

2|カスタム テンプレートの選択
| 既存のテンプレートを使用するには、このオプションを 選択します。
|Template Builder で独自に作成したテンプレートを選択することもできます。




選択するインデックス番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 1





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

アプリケーション テンプレートの選択:
-----------------------------------------------------



利用できるテンプレート
|_____WebLogic Server (Required)x
|_____Workshop for WebLogic Platform [2]



選択を切り替えるには、括弧内に表示される数字を正確に入力してください または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

| Name | Value |
_|_________________________|_________________________________________|
1| *User name: | weblogic |
2| *User password: | |
3| *Confirm user password: | |
4| Description: | This user is the default administrator. |

上記の値を使用または別のオプションを選択:
1 - 変更 "User name"
2 - 変更 "User password"
3 - 変更 "Confirm user password"
4 - 変更 "Description"



選択するオプション番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 1





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

| Name | Value |
_|_________________________|_________________________________________|
1| *User name: | weblogic |
2| *User password: | |
3| *Confirm user password: | |
4| Description: | This user is the default administrator. |




以下の値を入力します "User name" または [Exit][Previous][Next]> babukuma





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

| Name | Value |
_|_________________________|_________________________________________|
1| *User name: | babukuma |
2| *User password: | |
3| *Confirm user password: | |
4| Description: | This user is the default administrator. |

上記の値を使用または別のオプションを選択:
1 - 変更 "User name"
2 - 変更 "User password"
3 - 変更 "Confirm user password"
4 - 変更 "Description"
5 - 変更の破棄




選択するオプション番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 2





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

"*User password:" = []




新しく入力 *User password: または [Exit][Reset][Accept]> ********





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

| Name | Value |
_|_________________________|_________________________________________|
1| *User name: | babukuma |
2| *User password: | ******** |
3| *Confirm user password: | |
4| Description: | This user is the default administrator. |

上記の値を使用または別のオプションを選択:
1 - 変更 "User name"
2 - 変更 "User password"
3 - 変更 "Confirm user password"
4 - 変更 "Description"
5 - 変更の破棄



選択するオプション番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 3





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

"*Confirm user password:" = []




新しく入力 *Confirm user password: または [Exit][Reset][Accept]> ********





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

| Name | Value |
_|_________________________|_________________________________________|
1| *User name: | babukuma |
2| *User password: | ******** |
3| *Confirm user password: | ******** |
4| Description: | This user is the default administrator. |

上記の値を使用または別のオプションを選択:
1 - 変更 "User name"
2 - 変更 "User password"
3 - 変更 "Confirm user password"
4 - 変更 "Description"
5 - 変更の破棄




選択するオプション番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 4





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

| Name | Value |
_|_________________________|_________________________________________|
1| *User name: | babukuma |
2| *User password: | ******** |
3| *Confirm user password: | ******** |
4| Description: | This user is the default administrator. |




以下の値を入力します "Description" または [Exit][Previous][Next]> This user is the babukuma administrator.





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理ユーザ名とパスワードのコンフィグレーション:
----------------------------------------------------------------------

管理ロールに割り当てられるユーザを作成します。 このユーザは、開発モード サーバを起動するためのデフォルトの管理者で す。

| Name | Value |
_|_________________________|_____________________________________|
1| *User name: | babukuma |
2| *User password: | ******** |
3| *Confirm user password: | ******** |
4| Description: | This user is the babukuma administrator. |

上記の値を使用または別のオプションを選択:
1 - 変更 "User name"
2 - 変更 "User password"
3 - 変更 "Confirm user password"
4 - 変更 "Description"
5 - 変更の破棄



選択するオプション番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

ドメイン モードのコンフィグレーション:
--------------------------------------------------------

このドメインの開発モードまたはプロダクション モードを有効化します。

->1|開発モード

2|プロダクション モード




選択するインデックス番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 2





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

Java SDK の選択:
-------------------

->1|Sun SDK 1.5.0_14 @ /usr/local/jrockit
2|他の Java SDK




選択するインデックス番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 1





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

コンフィグレーション オプションの選択:
--------------------------------------------------------

*テンプレートのコンフィグレーション済みの設定またはデフォルトを変更します
*か ?
*
*デフォルトまたはテンプレートの設定のまま、ドメインに名前を付けて作成する
*処理に進むには、[いいえ] を選択したままにします。

1|はい

->2|いいえ




選択するインデックス番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> 1





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理サーバのコンフィグレーション:
-------------------------------------------------

管理サーバのコンフィグレーションを入力してください。 各 WebLogic Server ドメインには、管理サーバが 1 つ必要です。
管理サーバは、管理タスクの実行に使用される Administration Console を
ホストします。

| Name | Value |
_|__________________|_____________________|
1| *Name: | AdminServer |
2| Listen address: | All Local Addresses |
3| Listen port: | 7001 |
4| SSL listen port: | N/A |
5| SSL enabled: | false |

上記の値を使用または別のオプションを選択:
1 - 変更 "Name"
2 - 変更 "Listen address"
3 - 変更 "Listen port"
4 - 変更 "SSL enabled"




選択するオプション番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

管理対象サーバのコンフィグレーション:
-------------------------------------------------------

管理対象サーバのコンフィグレーション情報を追加または削除します。通常、
プロダクション環境では管理対象サーバが 1 つ以上 存在します。各管理対象
サーバは、エンタープライズ アプリケーションをホストする WebLogic Server
のインスタンスです。

| Name* | Listen address | Listen port | SSL listen port | SSL enabled |
_|_______|________________|_____________|_________________|_____________|




新しい名前を入力 または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

クラスタのコンフィグレーション:
----------------------------------------------

クラスタのコンフィグレーション情報を追加または削除します。クラスタには複数の
WebLogic Server インスタンスが存在し、同時に実行され、 連携することで、
スケーラビリティと信頼性が向上します。クラスタは、クライアントでは単一の
WebLogic Server インスタンスとして認識されます。

| Name* | Multicast address | Multicast port | Cluster address |
_|_______|___________________|________________|_________________|




新しい名前を入力 クラスタ または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

マシンのコンフィグレーション:
-------------------------------------------

マシンのコンフィグレーション情報を追加または削除します。マシンは、1 つ以上の
WebLogic Server インスタンスをホストするシステムの論理表現です。 管理サーバ
およびノード マネージャ アプリケーションは、マシン定義を使用してリモート サーバを起動します。

| Name* | Node manager listen address | Node manager listen port |
_|_______|_____________________________|__________________________|




新しい名前を入力 マシン または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

Unix マシンのコンフィグレーション:
------------------------------------------------

マシンのコンフィグレーション情報を追加または削除します。マシンは、1 つ以上の
WebLogic Server インスタンスをホストするシステムの論理表現です。 管理サーバ
およびノード マネージャ アプリケーションは、マシン定義を使用してリモート サーバを起動します。

| Name |
_|______|




新しい名前を入力 Unix マシン または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

このドメインの対象ドメイン ディレクトリを選択:
--------------------------------------------------------------------

"対象の場所" = [新しい値を入力またはデフォルトを使用 "/home/bea/user_projects/domains"]




新しく入力 対象の場所 または [Exit][Previous][Next]> N




<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

ドメイン情報の編集:
----------------------------

| Name | Value |
_|________|_____________|
1| *Name: | base_domain |




以下の値を入力します "Name" または [Exit][Previous][Next]> babukuma





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

ドメイン情報の編集:
----------------------------

| Name | Value |
_|________|____________|
1| *Name: | babukuma |

上記の値を使用または別のオプションを選択:
1 - 変更 "Name"
2 - 変更の破棄




選択するオプション番号を入力してください または [Exit][Previous][Next]> N





<--------------------- BEA WebLogic Configuration Wizard --------------------->

ドメインを作成しています...

0% 25% 50% 75% 100%
[------------|------------|------------|------------]
[***************************************************]


**** ドメインの作成が完了しました。 ****


[root@babukuma bin]#vi /home/bea/user_projects/domains/babukuma/bin/setDomainEnv.sh

-- 追加項目 --
WLS_USER="babukuma"
WLS_PW="*******"
export WLS_USER
export WLS_PW

2008年7月4日金曜日

[JAVA] transient field

この投稿へのリンク
transient Field

シリアライズする時保存されなくなる。
직렬화후에 보존되지 않는 필드가 됨.


// TEST SAMPLE
package test;

import java.io.FileInputStream;
import java.io.FileOutputStream;
import java.io.ObjectInputStream;
import java.io.ObjectOutputStream;
import java.io.Serializable;

public class TransientTest implements Serializable {
private static final long serialVersionUID = 1L;

private transient String a;

private String b;

public String getA() {
return a;
}

public void setA(String a) {
this.a = a;
}

public String getB() {
return b;
}

public void setB(String b) {
this.b = b;
}

/**
* @param args
*/
public static void main(String[] args) throws Exception {
TransientTest test = new TransientTest();
test.setA("aaa");
test.setB("bbb");
System.out.println("A=" + test.getA());
System.out.println("B=" + test.getB());

ObjectOutputStream out = new ObjectOutputStream(new FileOutputStream(
"test.tmp"));
out.writeObject(test);
ObjectInputStream in = new ObjectInputStream(new FileInputStream(
"test.tmp"));
TransientTest clone = (TransientTest) in.readObject();
System.out.println("A=" + clone.getA());
System.out.println("B=" + clone.getB());
}
}

// RESULT
A=aaa
B=bbb
A=null
B=bbb